こんにちわ♪

結構質問をいただく、ベンチ風にしたニトリのカラボ。

b0cf5e68.jpg

これのリメイク方法をご紹介します!

元はニトリのこの扉付きカラーボックスです。


ザックリ言うと、 

組立前に扉部分を板壁風に加工して、

取っ手をつけて組み立てて、 

天板を乗せて固定するだけです

2017-03-19-16-09-32


このリメイク方法は私の完全オリジナルではなく、
ROOMClipMagを参考にして作って、横に2つ並べたものです 😊




材料は 

☆ニトリの扉付き3段カラーボックス 
    2ウェイ3ドアボックス(パルWH) 

☆サンドペーパー 

☆ウォルナット系の茶色の水性ステイン 

☆ホワイトの水性ペンキ 
   油性でもOKですが、水性の方が扱いやすいのでおすすめです。

☆彫刻刀 

☆取っ手のパーツ

☆天板になる板 
(私は880㎜×300㎜×13㎜のファルカタ材を使ってます。) 

☆ブライワックス等天板用の塗料
    今回使用したのはブライワックスの羅スティックパインです。

☆ネジ(天板固定用)

カラボ、ペンキ、ブライワックス以外は100均で手に入ります♪


まずは…

①組立前の扉の部分の表面だけ、サンドペーパーなどでヤスリがけをして
表面の塗料を削り落とします。
つるつる感がなくなってザラザラになればOK!


②削った表面に、ウォルナット等、茶系の水性ステインやペンキなどで下地の色を付けます。
 私はウォルナットの水性ステインを使用しました。

③塗料が乾いたら、その上に白の水性ペンキや塗料などでざっくりムラがでるように塗って乾かします。
 今回はカインズホームのホワイティカラーズのピュアホワイトを使用してます。

④板壁風になるように、彫刻刀で溝を掘ります。
 私は7㎝程度の間隔をあけて掘りました。
image

⑤溝が掘れたら、取っ手を扉に取り付けます。私はセリアの取っ手を使いました。

⑥あとはニトリの説明書通りに普通に組み立てます。

⑦組立が終わったら、天板にブライワックス等好きな塗料で着色してください。


⑧天板を組立終わったカラボに乗せて、ぴったり端と端を合わせて、カラボの内側からネジで固定します。
もし板がずれて固定しにくければ、ボンドで先に固定してからネジ打ちすると良いかもです♪
2017-03-19-16-11-30

固定できれば完成です♪

このカラボを2つ作って並べて、ベンチ風にしています。

image
ベンチではなく、あくまでカラーボックスなので
ベンチとしての使用は自己責任でお願いします♡



表面のコーティングを削るのと、彫刻刀だけちょっと根気がいるけれど、
出来上がるととっても可愛いインテリアになるので
是非作ってみてくださいね♪
 
この収納の中身はこちらで紹介してます→ニトリのカラーボックスリメイクベンチ

 

     

↑ ぽちっと読者登録もお願いします♡


instagramROOMclipもやってます